FC2ブログ
my color is...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お知らせ*

色々なことがありましたが。
今はやっと、心も落ち着き
自分自身に向き合いながら
考え進んでおります。

blogを新たに作り直して
そちらに、ここの続きのような形で
自分の頭や心の中を、綴らせていただいております。

my color is...

温かく見守っていただけると幸いです*゜☆


前を向いて*

今日。
主従契約書兼奴隷誓約書を破棄いたしました。

ほんとは、前主様とお逢いして一緒に
おしまいの儀式の様なことをして
ふたりで破棄したかったのですが
約束の今月中にお逢い出来ないということは
もう無理なのだと少し前に言われたので・・・。
捨てなきゃ捨てなきゃと思いながら
今日まで見て見ぬ振りをしてしまっていたのだけれど・・・。

紙切れ一枚ですけれど
これは、この内容を前主様のことを想いながら
一生懸命考えて作ったあの時の私の心の分身なのです。
奴隷だった私には、とてもとても大切なもので
綺麗に折り畳んで小さな袋でカバーし
いつもバッグの中にしまって、持ち歩いておりました。

この内容を一生懸命考えて、前主様にメールで送った時に
前主様がとても喜んでくださって・・・
奴隷だった私は、それがすごくすごく嬉しかったのを憶えております。
そんな喜びを、前主様に沢山感じていただければ・・・
と想って、奴隷としていたのですが・・・
奴隷の位置にいた私には
力が足りなかったみたい・・・。

開かずに、そのままハサミで小さく切ってしまおうと思っていながら
開いて、主人の欄に書かれた前主様の直筆の文字を眺めてしまいました・・・。
でも。その上に書かれている文字は読まずに
また折り畳んで、ハサミで小さく切って
ごみ箱に捨てました。

ばいばい。
前主様の奴隷だった私。

前主様が私の為に用意してくれた紅い首輪。
それに合うものをと、自分で選んだ黒のリード。
あの子達も、ごみ箱に捨てられるのかな・・・。
前主様の奴隷だった私はもうおりません。
あの子達を、持ち主の前主様にとっても
ただの物と思えるのであれば
撮影小物として使ってもらえたら
あの子達は喜ぶかも。
首が細い人しか出来ないけどね 笑

進むべき道は前にしかないのです。
いつまでも、そこに止まっているわけにはいかない。
前を向いて、自分の足で前に進んで行きます。












心理*

らいたさんとの主従関係から
様々なことを学びましたが。
客観的に
ご主人様だったらいたさん・奴隷だった私
を見てみると
人間の心理の面白さを感じます。

実際、最後のご調教の時に
らいたさんに確か、ハグされただけで
身体をぴくぴくと痙攣させながら
何度も達し、意識が朦朧となりながらも
その瞬間、自分の反応に対して
「面白ぉい」と思っているもう一人の私がいました。

客観的な私。
冷静な私。
意識していなくても、その私は常にいたのかもしれません。

見て取れば、身体の反応ですが
それは、ご主人様に対する奴隷の心の現れ。
人間の心って、こういう事まで出来るものなのだと学び
また、知らなかった者同士からの主従という関係の中での
心の変化の過程。心理状態。
看護学校で言う「実習」の様なものだったと今は思います。
自分が実際に体験することで、学習するお勉強の時間。
それは最後の最後まで、学習出来ました。
主従解消を告げたご主人様と、それを聞かされた奴隷の場面。

ご主人様であるらいたさんの前では
普段の私よりも、もっと子供な私でいた自分。
それは、ある意味
ご主人様のことを信頼していたから。
甘えたいという気持ちの現れ。
それがいわゆる私にとっての「解放」でもあったのでしょう。

自分自身からも。
らいたさんからも。
そういった面での学びがありました。
こういう見方をすれば
どんな人との関わりの中からも、その学びはあり
事例として捉えれば、その経験を役立てることが出来る。

ずっと心理学に興味を持っており
専門の先生に、教えていただいていた時期もあるのですが
環境の変化から、足が遠のいてしまっておりました。

また、大人の喘息は治りませんと言われていたので
もうこの先、したい事も出来ないのかと思っていたのですが
先日、呼吸器専門の先生に
私の喘息は、そういった喘息とは病態が異なるので
治る可能性はあると言っていただけたので
諦めずにいようと思いました。

看護師をしている時。
救急にいながらも
夜中、不安定になって来院された精神疾患の患者さんに
心から優しく接し、落ち着くまでお話を聞いておりました。
そんな私に、先輩方はそこまでしなくて良いと言いました。
死に直面している患者さんが運ばれてきていない
静かで落ち着いた時間のお話です。
こんな看護師さんだけではありませんが・・・。

確かに、技術的なことは重要です。
だけれども、お仕事と割り切った接し方では
伝わらないところもあると思うのです。
確かに白衣を着てするその行為は、お仕事なのかもしれません。
でも、それでも私は
その人をしっかりと見て、その人のことを考え
精一杯の心で接していたいのです。
(たまにそんな私に勘違いをされる患者さんがいらして
ストーキングされてしまったこともありましたが・・・汗)
ずっと心を扱う所で、そういう事がしたいと考えておりました。
その夢でしかなかった目標に向けて
歩いてみようと思います。

ご調教自体からの学びではありませんが。
こういった学びが出来て、本当に良かったです。
それはまた、他の人間関係からも学べることがあります。
らいたさんのご調教のおかげで
接する人の心の中に目を向けたり、言動から分析したり
以前よりも出来るようになってきているのを感じます。
らいたさんだったから
そういった学びを得られたのかもしれません。
そういった意味でも
らいたさんには、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。
















ごめんなさい*

心配してくださっている方々。
温かく接してくださる方々。
思わせ振りな態度を取ってしまった方々。・・・
ほんとに、ごめんなさい。

今日、らいたさんと長文メールのやり取りをして
心につかえていたもの達が取れて
やっと、スッキリとした気持ちになることが出来ました。

また後ほど、まとめて書きたいのですが。
私は、私にとっての主従関係の意味を
見失っておりました。
そういうことじゃなかったのに・・・。
らいたさんとの主従関係で得た
タカラモノ達を
大切に出来なくなってしまっておりました。
とてもとても大切なもの達なのに・・・。

らいたさんの言葉に、気付かされました。
自分自身をも、大切に出来なくなっていたことに・・・。
ほんとはそんな自分に気付いていたのに・・・。
おバカな私。

らいたさんのご主人様としての言葉を守ります。
一旦、この世界から離れて考えてみます。

今の私が、新しい主様の元で頑張ろうとしても
そこに、ご主人様であったらいたさんを探すだけ。
とても失礼なことですよね・・・。
温かいお言葉、ありがとうございました。
今は、そのまま温かく
そっと見守っていていただけると嬉しいです。

主従関係としての経験というか・・・
やっぱり得たものでしょうね。
私には、十分すぎるくらい。
そのタカラモノ達を
今後の私の人生に活かせるかどうかは
私次第・・・。

らいたさんが、成し遂げたと言ってくれた主従関係。
今の私には、新しい主従関係は必要ない。

今は、タカラモノ達をひとつひとつ見つめ直し
考える時。

やっと前向きになれたよ。
ありがとう。


















渦の中*

一年前の今日。
ご主人様と初めてお逢いした日。
梅雨明けの日で、すごく空が青くて
お日様の光が眩しくて、暑い日だった・・・。
あれから一年経ったんだ。
このまま何年も続いていくのだと
そう想って、前を向いて
私なりに、奴隷というものについて考え
頑張ってきたつもりだったけれど
私は、ちゃんと「奴隷」が出来ていたのかな・・・。

もっと知りたかった世界。
もし今度、「ご主人様」という人の奴隷になれるとしたら
もっと末永く可愛がってもらえる人がいいな。
「ご主人様」に対する理想も高くなってしまいそう。
縄で縛れることは絶対条件で・・・
私の心が離れる余裕を与えないくらい支配してくれて・・・
比べるのはおかしいけれど
きっと、ご主人様以上の人じゃないとダメ・・・。
そんな「ご主人様」に出逢えるのかな。
勢いで、そんなコミュに登録してみたのだけど 笑
使い方がよく解らないし
何だか怖くなってきちゃった 泣
皆、どうやって理想のお相手に出逢っているんだろう。
きっとそんな簡単じゃないよね。
探し回るのも、骨が折れそうだし・・・。
でもきっと、必要としている人は
そうするんだろうなぁ。

私の本当の気持ちは・・・
どうなんだろう。
考えても答えが出なくて
ぐるぐる・・・ぐるぐる・・・
いつになったら、抜け出せるのかな。
ずっと頭が痛い・・・。














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。